2011年01月09日

松山、マスターズの招待状読めず英語特訓…男子ゴルフ





 日本人アマチュアゴルファー史上初めてマスターズ(4月7〜10日、ジョージア州・オーガスタナショナルGC)に出場する松山英樹(18)=東北福祉大1年=が6日、宮城・仙台市の東北福祉大で大会の招待状を披露した。世界の一流選手と親交を深めるため英会話を勉強中だが、招待状の英文が読めなかったことを告白。4月までに技術と同時に、英語力アップも課題となりそうだ。

 「夢の舞台にこんなに早く出場できてうれしい。上位に行けるよう頑張りたい」。目を輝かせた18歳に思わぬ難題が浮上した。阿部靖彦ゴルフ部監督の「あいさつだけでは一緒に回る選手に恥ずかしい」との考えで昨年10月以降に開始した英会話特訓。学校の外国人教師と週2、3回のペースで個別レッスンをしているが松山は「招待状に何が書いてあるか分からなかった」と、ポツリ。成果はこれからという状態だ。

 すかさず阿部監督が「マスターズに行ってからのお楽しみ」と助け舟。1月末からは学校の試験もあるが、英話漬けの日々となりそうだ。マスターズ前には主催者推薦で米ツアー・ソニーオープン(13〜16日、ハワイ)に出場。米ツアーの雰囲気を肌で感じ技と英語力を磨いて本番に挑む。

 

【関連記事】
松山「オーガスタ攻略したい」マスターズへ意欲…米男子ゴルフ
遼、勇太、藤田、アマの松山にマスターズ招待状
[情報]「第2回ジュニアゴルファー検定会」を開催
ジョージア州 、 東北福祉大 を調べる

1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座




posted by チャールズ先生 at 02:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。